2013年01月09日

ネガティブな癖に気付こう!!

面白い記事を見つけました。

株式会社ウィルPMインターナショナル
2012年12月25日 15:00
月刊社労士12月号 教える技術「行動科学で人材を即戦力に変える」
〜行動を継続・習慣化する方法〜掲載

「教える技術・続ける技術」でおなじみ弊社代表・石田淳の行動科学マネジメントが、月刊社労士12月号に掲載されましたので、ご案内いたします。※記事タイトル:教える技術「行動科学で人材を即戦力に変える〜行動を継続・習慣化する方法」

◆記事の詳細
<ネガティブな思考のクセに気づき、現実の行動に着目しよう>
人によい行動を繰り返してもらうために必要なのは、その人の人格を尊重し、褒めてあげたり、乗せてあげるといった単純なことです。しかし、多くの人材育成の現場で、その単純なことができていないのは、なぜなのでしょう。

そこには、人間ならではの「思考のクセ」が作用している可能性があります。人間は、動物の中で唯一、頭の中で考えていること(=認知)と現実の区別がつかなくなってしまう生き物です。
人間の頭の中には、一日に7万回もの現実とは関係のない言葉が絶えず流れていると言われます。しかも、その大半がネガティブな言葉なため、ついそちらに意識が引っ張られてしまうのです。

「あいつ、俺の言うことバカにしているんじゃないか」
「私の言うことなんか、どうせ聞くつもりはないんでしょう」


勝手に妄想を膨らませ、その妄想と現実の区別がつかなくなり、人間関係を複雑にしていくクセを私たち人間は持っているのです。その認知のゆがみに気づき、現実にフォーカスすれば、上司のやることは一つです。部下たちに「よい結果を導き出すよい行動」を教え、繰り返してもらうだけです。そこに、変な感情を持ち込む必要はありません。

http://www.dreamnews.jp/press/0000066144/

自分の場合、ネガティブなことを思い浮かべつつも、

何か必ず改善する方法はあるはずだ!!

というのを常に意識して物を話すようにしています。
ダメ出しをするなら必ず提案、対案、プラスの方向性を必ず話しますね。

「○○はどうせダメだ!」

で終わらせるような話し方は、好きではありません。
ネガティブオチで終わらせるのは、建設的な物事の考え方ではないでしょう。

単なる愚痴やカタルシスだったりとか、余程状況が悪い場合は別ですが(^_^;)。

日常生活において、ネガティブオチで片付けていることはないか?
常に自問自答できる社労士でありたいと思います。

posted by chu_san at 00:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | モチベーションアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月05日

カーリング型?の新入社員

平成20年度・新入社員のタイプは「カーリング型」
(2008年3月26日 社会経済生産性本部
平成20年度 新入社員のタイプについて

「カーリング型」
冬期オリンピックでおなじみになったカーリング、新入社員は磨けば光るとばかりに、育成の方向を定め、そっと背中を押し、ブラシでこすりつつ、周りは働きやすい環境作りに腐心する。しかし、少しでもブラシでこするのをやめると、減速したり、止まってしまったりしかねない
また、売り手市場入社組だけに会社への帰属意識は低めで、磨きすぎると目標地点を越えてしまったり、はみだしてしまったりということもあるだろう。就職は楽勝だったかもしれないが、サブプライムローンの問題等の影響により経済の先行きは一気に不透明になった。これからも波乱万丈の試合展開が予想され、安心してはいられない。自分の将来は自分の努力で切り開いていくという、本人の意志(石)が大事になろう。

[*カーリングはストーンと呼ばれる円形の石を、氷上約40メートル先の的(ハウス)に向かって、相手チームと交互に投げ合い得点を競う競技。冬季オリンピックにおける日本女子チームの活躍によって注目された。]

カーリング型とはなかなか面白い譬えです。目標を定め、周囲がやや過保護気味?に配慮をすれば、まっすぐ伸びる即戦力になる。ただ、磨きすぎると増長したり、はみ出したり、伸び悩んだり…取り扱いがなかなか難しそうですね。上司、先輩社員の苦労をお察し申し上げます。

今の世代は売り手市場…というだけでも羨ましいです。私が大学生だった頃は就職氷河期で、自分の本来の志望度合いを下げてまで就職活動をしなければ就職先がなかなか決まらなかった。内定が決まって余裕綽々の友人をよそ目に、確か4年の7月後半まで就活をやっていた記憶がある。

…いかんいかん。また愚痴になってしまった。

当時就活でうまくいかなかった最大の原因は、自身のコミュニケーション能力不足でした。若気の至りというか、あまりにも真面目で純粋すぎた。おかげで柔軟で臨機応変な対応ができなかったのです。若い頃は多かれ少なかれ、理想を求めて突っ走るものですから、周囲は新入社員を温かい目でどうか見守って下さい。
posted by chu_san at 01:00| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | モチベーションアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月14日

ハーズバーグの衛生理論

ダイヤモンド社によるつい最近の記事です。
社労士試験を受験される方。有資格者の方。
何かの参考になれば幸いです。

私の感触としては「極めて良質な記事」だと思います。

フレデリック・ハーズバーグ
動機づけ―衛生理論

(2008年3月5日 ダイヤモンド オンライン)
http://diamond.jp/series/bizthinker/10023/

繰り返しますが、衛生要因は、簡単に言うと、
「ありえね〜よ」「最悪だ〜」
という要素。放置しておくことがモチベーションを削ぐ。
見つけて潰さなくてはならない要素のことです。

逆に動機付け要因は、
「モチベーションをアップさせよう!」
という改善提案に他なりません。

動機付け要因は衛生要因を潰すことで成立します。
「衛生要因を放置したまま改善提案だけ出す」
なんてことは絶対にあり得ないんですね
…これはコンサルティングの肝です。

たとえば職場でダメな上司がいたとします。
メルマガの記事じゃないですが、結論だけで話をする上司。
おかげでコミュニケーションがかみ合わない。
そんな上司はとっとと降格させなけりゃダメなんです。

コミュニケーション不足の上司を降格させない。
衛生要因を放置しておくと、益々職場環境は悪化します。
改善する以前に職場の生産性が削がれてしまいます。
有能な社員も次々と会社を去っていくことでしょう。

衛生要因と動機付け要因。
私も社労士になってから意識するようになりました。
posted by chu_san at 01:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | モチベーションアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月13日

話し方セミナー

次回の倉島麻帆さんのセミナー案内です。

倉島麻帆 公式HPhttp://www.kurashimamaho.com/index.html

昨年12月に始まった話し方講座の第5弾です。
毎回前半で発生練習、後半でトークのコツについて触れます。

今度メルマガでも案内を打ちますが、詳細は以下の通り。

【日時】3月23日 14時〜16時30分
【場所】北とぴあ 701会議室
    (JR京浜東北線・王子駅徒歩2分)
【費用】4000円
【内容】名刺交換会
    腹式呼吸・滑舌トレーニング
    話が面白くなるトレーニング
    イメージングetc


私は23日の講座は所用と重なって参加できないのですが、講座の常連ということでボイストレーニングを積んでおります。プロのアナウンサーの所作を学ぶことで得られる効果は大きいです。ご興味がおありの方は是非とも公式HPからお申込み下さい♪

ボイトレの効果ですが、声に「重み」が出ることです
今まで本気度を伝えられなかった相手に本気度が伝わります。
腹式呼吸に切り替えただけで全く違ってくるから不思議です。

私の場合、本気で喋っても声が上擦ったり早口になってしまうことで「軽い」という印象を与えていたようなのです。猫がフローリングの床で爪を研ぐような感じで、喋っている雰囲気や臨場感が空疎で、空回りすることが多かったのです。

ボイトレを積んだことで「空疎さ」がなくなり、しっかりと地に足をつけた雰囲気で相手にメッセージを伝えられるようになった…これは非常に大きいと思います。社労士同業者に好評であることはもちろん、様々な士業の方、その他多くの職業の方が参加されています。chu_sanイチオシのセミナーですよ!
posted by chu_san at 01:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | モチベーションアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月28日

倉島麻帆の「声で相手の心を動かすには」

アナウンサー倉島麻帆の「声で相手の心を動かすには」
(2008年3月9日開催)
http://www.kurashimamaho.com/news.html

chu_san推奨(^ ^;の話し方講座です♪
大好評につきブログでも宣伝したいと思います!

…社労士として講師の技術を磨きたい!
…社内でのプレゼン技術を磨きたい!
…人前で上がるクセを克服したい!


仕事をする上、モチベーションを高める上で必要な事。
それは「良い話し方」をキープすることだと思います。

ポイントは「腹式呼吸」と「イメージング」です!
毎回、腹式呼吸による発声練習を行うのです。

あとは腹式呼吸による呼吸法のトレーニング。
その他笑顔の作り方等についても触れております。

営業や接客といった職種の方が多いですね。
もちろん士業の参加も過去にはありましたよ♪

3月9日14:00〜より。場所は赤羽会館。
参加費用は1回4,000円です。
毎回遠くからの参加者もおられます。

プロによるボイストレーニング指導が魅力です!
ご興味がある方は早めにご応募下さい!
(今回は定員20名ですぐに埋まりそうなので)

…今のところは皆勤賞?のchu_sanより(^ ^;
posted by chu_san at 01:00| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | モチベーションアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月19日

メラビアンの法則?

という心理学のテクニックがある。
よく自己啓発セミナー等で語られる法則の一つ。

曰く、人の第一印象は、

見た目:55%
話し方;38%
話の内容:7%


という話だと私も思っていました。

最近調べて、実は違うということを知ったのです。
本当のメラビアンの法則の意味を簡単に説明すると…

たとえば、すご〜く嫌な仕事を上司から任された時。

「はい、わかりました!」

と笑顔で答えるけど、目が笑っていない。
頬がひきつっていて、本音で嬉しいとは思っていない。

口で言っている「内容」。
心で思っていることの「非言語的反応」。

相反する本音を持つ両者が激突した場合、
…「非言語」の93%が「言語」の7%に勝る!

という話だったのです。

常に非言語コミュニケーションが第一印象を決める!
というわけではないのがポイントです。

見た目が良くても話の中身がなくてはアウトです。

但し、第一印象が良ければ有利なことは確かです。
第一印象が悪ければ一期一会を失ってしまいます。

コーチング的な内容に踏み込んでみました。
近接したお話は4月のメルマガに掲載する予定です。

NLPに興味をお持ちの方は↓をポチっと♪

posted by chu_san at 01:00| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | モチベーションアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。