2013年01月14日

IMF 年金支給開始年齢を引き上げろとの見解だそうです。

外は雪、というか吹雪でした(^_^;)

あまりの雪のすごさに、驚きました。
猛吹雪ですからねー。

既に東京は峠を超えたみたいですが、明日の朝が心配です。


IMFが日本の年金制度について注文をつけているようですね。
こーいうのって、どうなんでしょうか。

IMF「日本の年金、支給年齢引き上げを」
2013/1/10 21:52 日本経済新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXNASGC1001O_Q3A110C1EE8000/
国際通貨基金(IMF)のサンジェフ・グプタ財政局次長は10日、都内で世界的に見て深刻な少子高齢化に直面する日本の公的年金制度について「支給開始年齢を引き上げていかなければならない」と述べた。年金制度の立て直しに向けた日本の政策決定の遅さに警鐘を鳴らした格好だ。

 高齢化で年金受給者が増え、財政に与える影響が大きくなっているのは各国共通の悩み。グプタ局次長は世界各国の平均寿命は今後30〜40年でさらに3.5歳延びるとし、「支給開始を2年は引き上げる必要がある」との分析を示した。

 日本の公的年金の支給開始は2013年から段階的に65歳に引き上げられる。だが欧州各国では67〜70歳へと引き上げる動きが相次ぎ、日本は遅れている。

今、老齢年金の支給開始年齢は、特老厚の年金とかを除けば一応「65歳」にはなっていますが、それを67歳開始にせよ、でなければ年金財政は危うい!ということなのでしょう。

労災保険では、確か就労可能年齢を67歳と設定しているのです(労災内の支給調整の話で出てくるのですが、説明が面倒くさいので今回は割愛)。アメリカの年金支給開始年齢は67歳です。うがった見方ですが、こうした伏線を張るためにわざと2歳上げろと言っているようにも思えます。

国際的に年金支給開始年齢を遅らせるのがトレンドのようですが、であれば、企業がそれに見合うだけの給料を、年金受給開始の期間まで用意できるか?という話になるんですよね・・・。

posted by chu_san at 18:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 年金相談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。