2012年03月23日

近況報告

3年ぶりのブログ再開ということで、近況報告です。
(パブリックな場での発表は初めてです)





2009年1月、某大手会社への再就職を果たしました。
リーマンショック以降、経済情勢の悪化が著しく、ある方から(仕事上の実績を買われて)お誘いを受けたのをきっかけに、一時的にですが会社員に戻ることにしました。

とは言っても、最初から会社員に戻るつもりだったんですよ。
開業で実績作ってから、大企業人事・総務へ!が本来の目的だったので。

で、馴れぬ勤務生活で、体調を崩してしまいまして…

2009年6月、一旦「引退宣言」をしました。

様々な事情で、肉体、精神共に限界に達していました。
充電期間を置いてから、社労士活動を再開すべきという結論に達しました。




社労士以外の仕事、何もできない自分に気づいた時。ショックでした。

極端な話、事務担当の若い女性に、間違いを指摘されてしまうのですよ。
初歩的なミスとやらで、どれだけ社会的スキルがないのかと。

数年ぶりの会社員、いろいろと鍛えられました。
開業時代にやってた様々なこと、間違いだらけだったと気づきました。

開業時代とは、周囲の人間の質的・社会的レヴェルが全く違う。
毎日、追いつくだけでも精一杯の日々です。

ハッタリだけで人生乗り切れると思ってた。
でも、甘かった、裸の王様だったことに気づきました。





現在、労働者派遣法関連のリーガルチェック、建設業法関連のリーガルチェックを中心に、社労士業を再開しています。限定的ではありますが、昔のツテで相談も受けるようになりました。

開業時代は、人事制度やらメンタルヘルス中心になっていましたが、現在は元々の得意分野だった法務系に舵を切っています。正直、1号2号業務は厳しいので、高付加価値を付ける為にです。

昨年、一時的にですが、拠点を埼玉から都内某所に移しました。
都内の某高級住宅街に住んでおります(また埼玉に戻る予定ですが)。

現在、受験勉強中におろそかになっていた趣味(陶芸)に励んだり、婚活もやりつつ、徐々にですが次の難関資格を目指して準備を進めている…といったところです。




社会保険労務士の将来、決して明るいとは言えません。
リーマンショック以降、残念だけど益々悪化の一途を辿っている思う。

今後開業を目指す方は、社労士だけではダメです。
別の資格か、資格以外の付加価値をつけなければ、まず勝ち残れない。

顧問料に頼る生活に安穏としていてはダメなのです。
食える為の仕組み作り、専門性の強化、資質の向上を続けねばと痛感します。




↓加藤光大先生のテキスト。オススメです。

posted by chu_san at 00:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 社労士活動日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/258948972

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。