2008年10月17日

振り込め詐欺防止?

年金支給日、ATM警戒1万5000人
振り込め詐欺防止へ警視庁

(2008年10月15日 NIKKEI)
 振り込め詐欺の被害を防止するため、警視庁は年金支給日の15日、都内約1万2000カ所の銀行のATMすべてに全警察官の約3分の1に当たる約1万5000人を動員し、ATMを利用する高齢者全員に注意を呼びかける。

 年金が支給される15日はATMで現金を出し入れする高齢者が多い。同庁は同日を「被害ゼロの日」とし、警察官がATMを訪れるすべての高齢者に声をかける。

 同庁によると、今年1―9月に都内で発生した振り込め詐欺の件数は、前年同期比39%増の3246件で、被害総額は同27%増の約50億9800万円だった。警察庁は15日を「ATM集中警戒日」に指定。全国約9万8000カ所のATMのうち約8万1000カ所で、約5万6000人の警察官を警戒に当たらせるよう全国の警察に指示している。

これ、やってましたよ。銀行のATMの近くに職員が張り付いていて、しかも警察官までいる。地銀や信金だと流石に警官まではいませんでしたが、それでも職員がずっとATMに張り付いていました。

オレオレ詐欺なんて、古典的だから騙されないだろ〜と思うのですが、今でも手を替え品を替えて続いている。詐欺師というのは、結局詐欺とかマルチ商法とか、口八丁で人を騙す経験者が大半を占めているので、一般企業で求められるような転移可能なスキルが身につかない。だから詐欺師しかなりようがないのですよ。

年金は通常偶数月に支給されるのですが、この日は同時に、後期高齢者医療制度の保険料やら何やらも天引きされるタイミングだったりする。年金からの天引きだなんて、徴収する側にとって利便が良いというご都合なのだから、いい加減やめた方が良いのに。

posted by chu_san at 01:00| 埼玉 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 年金相談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
意義あり(^^;

徴収する側は、様々な面で果てしなく面倒なのです。
あの施策は、基本的には払う側の手間を省くために提言されて設けたものです。
しかし、マスコミが後期高齢者制度の批判を展開する中でセンセーショナルに取り上げたために、一気に悪評が膨れ上がってしまいました(^o^;)
Posted by M上 at 2008年10月22日 08:36
>M上さん
でも、お年寄りの評判はすこぶる悪いようですよ。近所のお年寄り達も、マスコミが騒ぐ前から反対していました。

結局、「支払う側の選択権がない=強制的に天引きする」ということになってしまったのでは?徴収する側の手間云々の話は分かるのですが、払う側に支払い方法の選択権を確保することはとても大切ですよ。
Posted by chu_san at 2008年10月27日 10:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。