2013年01月14日

IMF 年金支給開始年齢を引き上げろとの見解だそうです。

外は雪、というか吹雪でした(^_^;)

あまりの雪のすごさに、驚きました。
猛吹雪ですからねー。

既に東京は峠を超えたみたいですが、明日の朝が心配です。


IMFが日本の年金制度について注文をつけているようですね。
こーいうのって、どうなんでしょうか。

IMF「日本の年金、支給年齢引き上げを」
2013/1/10 21:52 日本経済新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXNASGC1001O_Q3A110C1EE8000/
国際通貨基金(IMF)のサンジェフ・グプタ財政局次長は10日、都内で世界的に見て深刻な少子高齢化に直面する日本の公的年金制度について「支給開始年齢を引き上げていかなければならない」と述べた。年金制度の立て直しに向けた日本の政策決定の遅さに警鐘を鳴らした格好だ。

 高齢化で年金受給者が増え、財政に与える影響が大きくなっているのは各国共通の悩み。グプタ局次長は世界各国の平均寿命は今後30〜40年でさらに3.5歳延びるとし、「支給開始を2年は引き上げる必要がある」との分析を示した。

 日本の公的年金の支給開始は2013年から段階的に65歳に引き上げられる。だが欧州各国では67〜70歳へと引き上げる動きが相次ぎ、日本は遅れている。

今、老齢年金の支給開始年齢は、特老厚の年金とかを除けば一応「65歳」にはなっていますが、それを67歳開始にせよ、でなければ年金財政は危うい!ということなのでしょう。

労災保険では、確か就労可能年齢を67歳と設定しているのです(労災内の支給調整の話で出てくるのですが、説明が面倒くさいので今回は割愛)。アメリカの年金支給開始年齢は67歳です。うがった見方ですが、こうした伏線を張るためにわざと2歳上げろと言っているようにも思えます。

国際的に年金支給開始年齢を遅らせるのがトレンドのようですが、であれば、企業がそれに見合うだけの給料を、年金受給開始の期間まで用意できるか?という話になるんですよね・・・。

posted by chu_san at 18:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 年金相談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月10日

民主党の置き土産

「年金、13年10月から減額」知っていますか
第1回 公認会計士・平林亮子
http://www.nikkei.com/money/household/nenkin.aspx?g=DGXNMSFK25028_25122012000000&n_cid=DSTPCS008

公認会計士の平林亮子です。破たんがすぐそこに迫っているのではないか……、公的年金にはそんな噂が絶えません。その公的年金の基本的な仕組みを改めて確認しながら、豊かな老後のための「じぶん年金」のつくりかたをこの連載で提案していきます。

「あれ?」。預金通帳を見た父が首をかしげたので、私は「どうしたの?」と言って父の顔を見ました。「……いや、年金がね、減っているみたいなんだ」。父は通帳をめくり、過去の金額と比べてそう言いました。父は、困ったような悲しそうな表情を浮かべていました。

……これは近い将来生じるであろう“事実”です。

2013年の10月から2015年の4月にかけて、年金の支給額が徐々に減るという法律が成立しているのです。厚生年金の標準世帯で試算すると、2015年の4月は2012年の年金水準と比較し、毎月5900円の減額になります。

年金の支給は2カ月に1回ですから、振り込まれる額でみると、1万1800円も減額になるということ。年金で生活する世代にとっては、死活問題になりかねません。

年金は支給されて当然という位置づけが揺らいでいます。だからこそ、自分自身で老後を支える「じぶん年金」が重要なのです。

ちなみに今回の年金の減額は2012(平成24)年11月16日、民主党の野田政権(当時)が衆議院を解散する直前に、ギリギリで成立させた『国民年金法等の一部を改正する法律等の一部を改正する法律』によって決定されたものです

解散の混乱の中、これまで法案が出てはいつの間にか消えていた年金の減額について、とうとう決断が下されたのです。ただし、今回の減額は、純粋な減額ではありません。1999(平成11)年から2001(平成13)年にかけて、本来、物価の下落に合わせて減額されるべき年金の額が、特例措置により減額されないまま保たれていたものを、解消しようとするだけのことです。

2012(平成24)年度現在、年金の支給額は本来あるべき水準から2.5%も高くなっています。そこでそれを本来あるべき水準に戻す、というのが今回の目的です。本来水準に戻しただけとはいえ、実際に年金を受け取っている人にとって収入減となることは紛れもない事実。

しかも、標準世帯における5900円の減額というのは、物価や賃金の水準が今と変わらなければ、という前提のもとの試算額であり、実際にどれだけ年金額が変わってくるかはわかりません。ちなみに、年金の毎月の支給額は……

96958A9C9F819499E0E7E2E0EA8DE0E7E3E0E0E2E3E0E2E2E2E2E2E2-DSXBZO4998924025122012000001-PB1-10.jpg

……と減っていくことになっています(左表)。これだけ生活に密着した問題であるにもかかわらず、こうしたニュースがきちんと伝わってこないと感じているのは、私だけではないと思います。

また、調べてみれば、それなりの情報は公開されているのですが、複雑怪奇でわかりにくいのも年金の世界。そこで本連載では、身近な事例を用いながら、知っているようで知らない公的年金について解説し、さらに、公的年金同様に必要性が増している「じぶん年金」のつくりかたを含めて、どのようにして定年退職後の生活に備えていくかについて考えていきたいと思います。

・・・そうなのだ。物価スライド特例措置で据え置きされていた減額が、ついに実施されるのである。

具体的には、1999年から2001年までに据え置きされていた分のツケを払うことになる。
年金は据え置き分2.5%が徐々に減ることになる

当時はまだマクロスライド方式などなく、物価スライドで5年に1回財政再計算をして、年金額をアップダウンさせていた。その時代の名残ですね。



選挙目当てで年金減額を据え置いたわけですが、据え置きをしたのは自民党政権、据え置きを解除したのは民主党政権。自民党のやっていたツケを、民主党が土壇場で返したとも言えなくもない。

これでは、年金不信が増しますね。政権交代が果たして良かったのでしょうか?

posted by chu_san at 00:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 年金相談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お会いしたことはない方だが・・・

同業者批判になるので、なるべく冷静を心がけるつもりだが・・・
これはちょっとひどい。

竹内社労士事務所
http://www.e-shacho.net/

東京会豊島支部会員らしい。

しきりに「就業規則は会社の憲法」と主張しているが、憲法の意味(憲法は政府が国民を縛る道具ではなく、国民が政府を縛る道具である)を理解していないと自ら暴露しているようなものである(社労士試験に憲法はない)。

これだから、社労士は「層として見た時に紛争解決力がない」「無知無能ゆえに徒に事態を紛糾させる」日本労働弁護団から指摘をされてしまう。同業者として恥ずかしい。

一番気になったのがコレ↓。
http://www.e-shacho.net/seminar/kisoku03.htm


当事務所のベストヒットセミナー「会社を守る就業規則」徹底解説セミナーの最新版です。

竹内社労士事務所の代表である私が、私自身と事務所を守るために作り上げた「竹内社労士事務所の就業規則」のすべてを公開します。就業規則の作成または見直しにあたって、絶対に他では手に入れることのできない、労使紛争の現場で修得した知恵の結晶です。

私はこれまで、就業規則は「会社の憲法」なのだと言い続けてきました。

労働者保護の法律が乱立する中、会社を守るためには、100%経営者側の視点に立った「会社を守る就業規則」を作成しておくことが最も重要なのだと、毎日のようにクライアントに指導させていただき、既に1,200社を超える就業規則もお作りしてきました。

しかし、1つ重大な忘れ物に気付きました。当事務所の就業規則の見直しです。これは大問題です。医者の不用心とはまさにこのことです。

しつこいようですが、当事務所は開業以来15年間、100%使用者側の立場に立って、解雇や残業代の問題、労働組合対策、労働基準監督署の是正勧告など、様々な労働問題解決のためのコンサルティングを業務の柱としてきました。「社長を守る会」をはじめ、労使紛争系に強い社労士事務所として、それなりの評価もいただいています。自慢したいのではありません。

ここで皆様想像していただきたいのです。
もし、当事務所の社員が豹変して、私に反旗を翻したとしたら・・・

私は、とても恐ろしくて想像したくもありません。


大変失礼ですが、いつも皆様からご相談いただく、素行の悪い不良社員や問題社員などを相手にするのとは事情が違うのです。うちの社員は労働法に精通した労使紛争解決のプロなんです。そのノウハウを逆手に取られたらかなり危険です。敵に回すと一筋縄ではいかないのは想像に難くないと思います。

このことに気付いたとき、私は一瞬蒼ざめ、震え上がりました。

うかうかしてはいられません。私は、私自身、そして事務所を守るために、就業規則の全面改訂に着手しました。とにかく気合を入れて渾身の力を込めて完成させたのが、現在当事務所で運用している就業規則です。

就業規則を作成できる社労士事務所は星の数ほどあるでしょう。しかし、社労士事務所のほとんどは1〜3人程度の規模ですから、そもそも就業規則の作成義務もありません。自社の就業規則など作ったことはないでしょう。使用者側の立場に立った就業規則をどこまで作成できるのかは疑問です。私自身も、スタッフが10人未満の時には、お客様の就業規則を本当に自分のことのように考えることはできていなかったのかもしれません。もしかしたら、会社の経営もしたことのない経営コンサルタントが、経営のウンチクを並べるようなものだったのかもしれません。

しかし、スタッフも20人を超え、目の行き届かないことも出てくると、自分自身の問題として切実に感じられるようになりました。ですから、この就業規則セミナーでは、私が渾身の力を込めて作り上げた就業規則をベースに、条文解説をメインとした実戦的なセミナーにするのが、最も皆様のニーズに近いものになると判断しました。

もちろん、あらゆる業種業態の皆様のお役に立てるよう、いろんな労働形態に沿ったお話しを致します。


自分の事務所職員を敵だ、いつ反乱を起こしてもおかしくないと言い切っている。
おそろしい・・・((((;゚Д゚))))



経営者対労働者という構図だけで物事を見るのは、古いんですよね・・・
少なくとも、こういう人とは仕事はできないと思います。

経営者のエゴ

昔、相談に乗った事例では、リストラされた社員が会社を訴えたら、別の街に新たに会社を作って、一部従業員だけ連れていき、大半の従業員を残して夜逃げしたケースもありました。

勿論、これはクラウンジュエル作戦です。元々の会社を無価値にして逃亡し、新たなところで再スタート!訴えてた元社員は泣き寝入り・・・というパターンでした。

こーいうアンモラルなことをやる経営者も世の中にはいるってことです。

会社の味方、社長を守る会という趣旨は結構なことですが、社労士たるもの、超えてはいけない一線というのがあると思う。社会保険労務士法第1条を思い起こしてみました。

(目的)
第一条  この法律は、社会保険労務士の制度を定めて、その業務の適正を図り、もつて労働及び社会保険に関する法令の円滑な実施に寄与するとともに、事業の健全な発達と労働者等の福祉の向上に資することを目的とする。
(社会保険労務士の職責)
第一条の二  社会保険労務士は、常に品位を保持し、業務に関する法令及び実務に精通して、公正な立場で、誠実にその業務を行わなければならない。



posted by chu_san at 00:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 労働法実務・人事制度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月09日

ネガティブな癖に気付こう!!

面白い記事を見つけました。

株式会社ウィルPMインターナショナル
2012年12月25日 15:00
月刊社労士12月号 教える技術「行動科学で人材を即戦力に変える」
〜行動を継続・習慣化する方法〜掲載

「教える技術・続ける技術」でおなじみ弊社代表・石田淳の行動科学マネジメントが、月刊社労士12月号に掲載されましたので、ご案内いたします。※記事タイトル:教える技術「行動科学で人材を即戦力に変える〜行動を継続・習慣化する方法」

◆記事の詳細
<ネガティブな思考のクセに気づき、現実の行動に着目しよう>
人によい行動を繰り返してもらうために必要なのは、その人の人格を尊重し、褒めてあげたり、乗せてあげるといった単純なことです。しかし、多くの人材育成の現場で、その単純なことができていないのは、なぜなのでしょう。

そこには、人間ならではの「思考のクセ」が作用している可能性があります。人間は、動物の中で唯一、頭の中で考えていること(=認知)と現実の区別がつかなくなってしまう生き物です。
人間の頭の中には、一日に7万回もの現実とは関係のない言葉が絶えず流れていると言われます。しかも、その大半がネガティブな言葉なため、ついそちらに意識が引っ張られてしまうのです。

「あいつ、俺の言うことバカにしているんじゃないか」
「私の言うことなんか、どうせ聞くつもりはないんでしょう」


勝手に妄想を膨らませ、その妄想と現実の区別がつかなくなり、人間関係を複雑にしていくクセを私たち人間は持っているのです。その認知のゆがみに気づき、現実にフォーカスすれば、上司のやることは一つです。部下たちに「よい結果を導き出すよい行動」を教え、繰り返してもらうだけです。そこに、変な感情を持ち込む必要はありません。

http://www.dreamnews.jp/press/0000066144/

自分の場合、ネガティブなことを思い浮かべつつも、

何か必ず改善する方法はあるはずだ!!

というのを常に意識して物を話すようにしています。
ダメ出しをするなら必ず提案、対案、プラスの方向性を必ず話しますね。

「○○はどうせダメだ!」

で終わらせるような話し方は、好きではありません。
ネガティブオチで終わらせるのは、建設的な物事の考え方ではないでしょう。

単なる愚痴やカタルシスだったりとか、余程状況が悪い場合は別ですが(^_^;)。

日常生活において、ネガティブオチで片付けていることはないか?
常に自問自答できる社労士でありたいと思います。

posted by chu_san at 00:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | モチベーションアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月08日

横断整理をあなどってはいけない

受験対策を書くのは久々かな。
合格は遥か7年半以上前の話になるから、あまり参考にはならんかもしれないけど。



社会保険労務士の実務をしていると、一つのドキュメントを見て、複数の異なる背景を瞬時に頭の中に思い浮かべて、論点整理をして結論を出さねばならないことがある。

例えば、雇用契約書のチェックを依頼された時は、何を思い浮かべるだろうか?労基則第5条の絶対的記載事項・相対的記載事項が思い浮かぶだろうか?

実は、ここまでだとまだ初歩レベル。社労士試験の合格レベルには達していない。
他にも思い浮かべるべきことは多々あるはずだ。

例えば、パートタイムさんの雇用契約なら、パートタイム労働法の退職金の有無を盛り込む規定とか。

派遣社員の雇用契約なら、労働者派遣法とか。

育児介護休業は契約社員/パートタイマーにも適用するのか?とか。

短時間勤務者の場合、社会保険は加入するの?雇用保険は加入するの?とか・・・。

数え上げたらきりがないけど、一つの問題を見た瞬間に、複数の法律の視点から問題点を抽出・発見し、頭の中で論点を組み立てて、依頼主に解決策を提示しなくてはならない。

労働分野だから労基法だけでいいんじゃない?
ではダメなのだ・・・。



これが何故社労士試験と関係するのか?と言うと、

予備校講師はよく「横断整理」というのを口にするかと思う。
例えば、被保険者の要件を、労災、雇用、健保、厚年で比較して抑えろとかね。

ある法律では○○だけど、ある法律では△△・・・

この視点が養われると、1つのことを聞かれた時に、裏に潜んでいる異なる視点の論点が、芋づる式に反射的に導き出せるようになる。

例えば、60歳で定年退職して嘱託雇用の方から相談を受ける。

先ずは特別支給の老齢厚生年金の裁定請求を思い浮かべるだろう。勿論、就業しながらの場合は在職老齢年金に引っかかるので、一定額以上支給されると年金は減らされる。同時に、雇用保険の高年齢雇用継続給付の話も出てくるだろう。

続いて、いつまで働けば良いのか?という話も出てくる。
具体的には、高卒でずっと働いてきた方の場合は、62〜63歳ぐらいで厚生年金の長期加入特例(44年)に該当してくるので、本来報酬比例部分だけしか貰えない年齢でも、定額部分が出てくるようになる。

そうなれば、会社に雇用されていては(被保険者では)長期加入特例は適用されないので、じゃあここで会社を辞めるか?という話になる。

ただ、年金だけでは食っていけないという人もいるだろう。そこで、(人脈次第だが)長年の経験を生かして、個人事業主でどこかの会社のコンサルタントをやるか?と勧めることになる。

個人事業主としてお金を貰えば、給与ではないから在職老齢年金には引っかからない。
但し、個人事業主として特別加入労災に入ることも出てくるかもだし、業務委託契約とて労働者性をちゃんと持たないようにする為の様々な工夫が必要となる。




さて、上記事例だけでも、雇用保険、労災保険、厚生年金保険・・・といった様々な法律の話が出てきたことだろう。実務をやってる人にとっては大したレベルではないのだけど、社労士試験で横断論点整理をちゃんとやるだけで、こーいうことが自然とできるようになるのである。

社労士試験で、時々他の法律との比較でいろいろと出題されるのは、こーいう実務的な要請が度々出てくるからなのです。一つの論点を与えられた時に、他の法律の論点を最低2〜3程度、頭の中で正しく思い起こせるようになれば、ほぼ合格レベルといっても良いでしょう(*^^)v。

多くの受験生は勘違いしているのですが、過去問って、問題の論点だけを押さえるのではなく、問題と関連する論点を押さえることが大事なんですよね・・・。

社労士試験で合格レベルとなる知識を10として、受験勉強の時点で10をやるだけでは、合格しません。それでは本試験ではせいぜい8が取れるレベルで、不合格です。

個人塾ではない大手予備校では、最初から8〜9までしか教えません。だから初年度では、大抵の受験生が不合格になる。2年3年かけないと合格しないのだなと初めて気付くのです。

2年目、3年目で徐々に自力で9、10、11、12、13・・・として、初めて10(合格)が取れるようになるのです。

その12、13・・まで到達する為の勉強というのが、上記の「横断整理や関連論点まで押さえられているか?」という話になるのです。合格を短期間で実現したいなら、中盤以降、横断整理、関連論点を押さえることが必要不可欠です。



もちろん、ムダな関連論点まで抑えて・・・をやるのは、受験仲間の内だけです。
世間では、ただのウンチク野郎と思われて嫌われますからネ(^_^;)


横断整理はコレ↓で!

posted by chu_san at 00:00| 埼玉 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 社労士試験対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月07日

久々に日記を書きます。

日記、久々に更新です。2013年、今年も宜しくお願いします。

社労士になってから、既に6年半が経とうとしています。
業界では既に中堅所とされる経験年数になってきています。

正直言えば、まだそういう実感がないです。
業界平均年齢から行けば全然若いからでしょうか(^O^;)。



近しい方にはお話していますが、一昨年前の8月から昨年7月まで、訳あって埼玉を離れて、都内某所にて生活をしておりました。生まれて初めて、東京都民になりました。

そして昨年、ようやくですが地元に戻ってきました。
1年弱ぶりに埼玉県民に返り咲きました。

とは言っても元々住んでいた地域からはだいぶ離れていますし、地元を不在にすることがまだまだ多いので、里帰りしたという実感が湧きません。

賃貸ではなく人生初の「持ち家」に住んでいます

社労士に出逢っていなければ、我が家を持つことは叶わなかった。貧乏生活が続き、とっくの昔に野垂れ死にをしていたかもしれません。



今後は、ただ自分が社労士として仕事をして稼いで満足するという視点ではなく、この業界への恩返しとして、社会保険労務士業界全体に貢献できるお仕事ができればと思っています。

でなければ、後から続く人が育ちません。

層として見た場合の“この業界の弱点”ですが、皆が食うことに必死になるあまりに、後継者を育てる、という視点が欠けている部分があります。

年配のボス的な社労士が、若手を指導と称して圧力を掛けて潰してしまったり、利権を独占してしまうような雰囲気があるのです。

貧者の一灯ながら、それを改善していかないことには社会保険労務士としての未来はないと思います。
自分だけ稼げれば良いという話ではないのです。

綺麗事かもしれませんが、ある事件を通じて、この業界が現在置かれている状況を認識した上で、考えた結論です。ただダメという話ではなく建設的にプラスに向上させねばです。

山川先生の社労士講座↓
CD講義付でこの値段!素晴らしいです。
posted by chu_san at 21:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。